俳優の清原翔さんが脳内出血で緊急手術を受け入院されましたよね!

その後は命に別状はないものの予断を許さない状態が続いており、

当面の間治療に専念の報道続報なくどのような状態なのでしょうか?

ファンの心配の声が多く寄せられているようです。

それで今回は、そんな原翔のその後の続報後遺症について

ネットの心配の声も合わせてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

清原翔のその後の続報は?

6月12日に体調不良を訴えてから、都内の病院で脳出血の症状が見られたため、

緊急手術を受けました。

その後「命に別状はないものの予断を許さない状態が続いており、当面の間治療に専念」

という情報が入っていましたが、

その後の続報がないことがいいことなのかどうなのかわかりませんが、

残念ながらその後の情報については、まだわかっていません。

おそらく懸命に治療中で、経過を報告できるような段階ではないのかもしれませんね。

新しい情報が入り次第追記したいと思います。

おすすめ関連記事はこちら↓
清原翔と米津玄師と綾野剛が似てる?本当に似ているかを画像で徹底比較!

清原翔のその後の続報は?後遺症は?心配の声が止まらない!

清原翔の大学や高校の学歴が凄かった?大学院の進学をやめた理由は?

清原翔の父親はあの有名人?実家の家族構成とは?

清原翔の現在の容態がヤバイ?脳出血の原因が衝撃的だった?

スポンサーリンク

清原翔のその後の脳内出血後の後遺症とは?

後遺症の名称  主な症状

〇運動麻痺    右上下肢あるいは左上下肢が動かなくなる症状。

一般に麻痺は下肢よりも上肢に強いことが多い。

〇感覚障害    触覚や痛覚が鈍くなる場合と逆に過敏になり痺れを感じる場合がある。

脳出血発症後半年くらい経ってからしびれが強くなるケースも。

〇目の障害     視野が狭くなったり、物が二重に見える「複視」という障害、

発症後長期間にわたって症状が残る場合も。

〇構音障害     いわゆる呂律の回りにくさで、比較的回復しやすい場合や

症状が長期にわたり残りやすい場合がある。

〇嚥下障害     食べ物を飲み込みにくくなる症状。

〇記憶障害     物忘れが激しいので物の置き場所を忘れてしまう。

〇失語症      言葉が出にくくなる「運動性失語」と、言葉を理解できなくなる

〇自発性障害    自ら進んで動作に移れない、話せないなど。

このほかにもまだいろいろな症状があるようでした。

脳内出血後には、このような後遺症の可能性があるようで、とても心配になりますが、

もしいずれかの後遺症があったとしてもリハビリをして、一日も早く回復されることを

期待したいと思います。

清原翔のその後についてのネットの声は?

清原翔のその後の続報は?後遺症は?心配の声が止まらない!まとめ

今回は、清原翔のその後の続報は?後遺症は?心配の声が止まらない!

についてまとめてみました。

清原翔さんのその後はどうなっているのか

意識はあるのか、それとも違うのか…とても心配ですが、

ただただ無事に回復して復帰されるのをを祈るのみです。

スポンサーリンク