NHKの定例総局長会見が10日、東京・渋谷の同局で行われ、

報道番組「ニュースウオッチ9」の有馬嘉男キャスターが

3月いっぱいで降板することが決定しました。

後任は元ワシントン支局長の田中正良氏が務めることになりました。

もちろん和久田麻由子アナは続投会います。

それで今回は、有馬キャスターの後任は田中正良氏

その経歴と抜擢された理由についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

有馬キャスターの後任は田中正良氏!

有馬氏は2017年4月から同番組に出演し、4年目。豊富な知識と安定感で知られた。正籬聡総局長は「有馬さんは衛星放送を含めると7年やってもらった。田中さんは大統領選や北京五輪など様々な経験をしており、その経験を生かして新しい時代に対応してほしい」と期待を寄せた。週刊誌報道では昨秋に菅義偉首相(72)が出演した際、有馬氏が予定にない質問をして首相を怒らせたと話題になった。報道陣から首相官邸からの圧力について聞かれると、同総局長は「公共メディアとして自主自律は一番大事なところ。一切ない」と否定した。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/4c1277555bf5131a433c730687edfba981d5c501

事実がどうかはわかりませんが、官邸の意向があったのではないかと勘繰られるだけで、

今の政権には逆風なのは明確ですね。

残念ですが、有馬さんなら独立して民放のキャスターとしてやっていけると思います。

一見軽く見えるけど、実は一本芯の通った人物で、これからの活躍を期待しています。

有馬嘉男キャスターの退任についてのネットの声は?

スポンサーリンク

有馬嘉男キャスターの後任の経歴と抜擢された理由は?

有馬嘉男キャスターの後任は、田中正良さんと言います。

田中正良氏は、1992年にNHK入局されました。

そしてパリ、上海、北京、ワシントン支局に駐在したきました。

主に国際報道に携わってきたそうで、担当分野は国際情勢全般だそうです。

田中正良氏が抜擢された理由については、これからは国際感覚を肌で感じてきた人材が、

ニュース番組に必要と判断したのでしょうね。

これまで培ってきた世界から見た日本について、独自の視点で解説してくれるでしょうね。

年齢的には有馬嘉男キャスターと同じ50代くらいかと思います。

詳しい経歴や学歴などは、今のところ分かっていませんが、わかり次第追記したいと思います。

有馬嘉男キャスターの後任は田中正良氏!経歴と抜擢された理由は?まとめ

今回は、有馬嘉男キャスターの後任は田中正良氏で

その経歴と抜擢された理由についてまとめてみました。

有馬嘉男キャスターは3月いっぱいで降板なので、

4月からのニュースウオッチ9は田中正良キャスターが誕生することになりました。

どんなキャスターぶりを見せてくれるのか今から楽しみですね。

 

スポンサーリンク