デーデーブルーノとは誰?出身と国籍や経歴は?

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権が行われ

注目の男子100mは多田修平が初優勝して東京五輪代表内定を決めました。

2位はデーデー・ブルーノ(東海大)になり、いったい誰なのかで話題になっています。

皆さんはデーデーブルーノという方については

ほとんどの人は知らないのではないでしょうか?

それで今回は、そんなデーデーブルーノ選手とは誰出身と国籍や経歴についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

デーデーブルーノとは誰?

ナイジェリア人の父と日本人の母を持ち、陸上を始めたのは長野・創造学園高2年時。
実はもともとサッカーをして、ポジションはサイドバック。ただ、本人いわく「駄目だった」。
それで1年生の秋頃に部活を辞めてしまったそうです。
しかし、体を動かすのは大好きで足はもともと速かったので、2年時に陸上部に入ったそう。
その当時から技術はまだまだ不足していましたが、素質は光っていました。
高3の7月に行われた長野県選手権では向かい風0・6メートルの中、
10秒45をマークし、関係者から注目されていました。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/8c8e17904b251b9cf41700ed5c01e49610062388

男子100m表彰式 陸上日本選手権2021 の動画はこちら↓

こんなに足の速かった選手がサッカーが駄目だったということは意外ですよね。

それにしても高二まで帰宅部だった人が日本選手権決勝ってすごい才能があるのですね。

デーデーブルーノについてのネットの声は?

デーデーブルーノの出身と国籍は?

驚いたことに、なんとデーデーブルーノさんは長野県出身だそうです。

さらに中学は、長野県松本市立筑摩野中学出身で、大学は長野県の関学に通っていたそうですが、

現在は東海大学にも入学していたらしいので、編入しているのでしょうか?

国籍の情報は確かな情報はありませんでしたが、

中学や大学時代は、長野で過ごしていていることから、国籍は日本の可能性が高そうですね!

デーデーブルーノの身長は?

デーデーブルーノさんの身長についてですが、177cmで体重が80kg以上という情報が上がっています!

さすがしっかりした体格から基礎体力はしっかりしているのでしょうね。

陸上界の新星のこれからが楽しみですね。

スポンサーリンク

デーデーブルーノのプロフィールは?

本名    ? 

年齢    21歳

誕生日   1999年(平成11)10月7日生まれ

出身    長野県

身長    177cm

体重    80kg以上

国籍    日本

中学    筑摩野中学

高校    創造学園高校

大学    東海大学

デーデーブルーノ選手の本名については現在まだわかっていません。

彗星のごとく現れたことで、情報がまだ出ていませんが、わかり次第追記したいと思います。

デーデーブルーノとは誰?出身と国籍や経歴は?まとめ

今回は、陸上100メートルのデーデーブルーノ選手とは誰で出身と国籍や経歴についてまとめてみました。

陸上界に新たな新星が誕生して日本を盛り上げてくれそうですよね!

詳しい経歴については、わかり次第追記したいと思います。

デーデーブルーノ選手の今後の活躍ぶりに期待したいですね!

スポンサーリンク