白鵬が現役を引退!引退の本当の理由と今後は?

大相撲の第69代横綱の白鵬さんが現役を引退する方向であることがわかりました。

進退を懸けて出場した7月の名古屋場所では、

最多を更新する45回目の優勝を16回目の全勝で飾ったこともあり、

まだまだ現役を続けるのかと思っていましたが、

いったい何があったのでしょうか?

それで今回は、そんな白鵬さんが現役を引退することや

引退の本当の理由今後についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

白鵬が現役を引退!

最強横綱が現役生活にピリオドを打つ方向となった。
白鵬は、所属する宮城野部屋に新型コロナウイルス感染者が出た影響で秋場所を全休したが、場所後にも最終的な話し合いや手続きなどが進められるもようだ。
優勝回数、横綱在位84場所、通算1187勝、幕内1093勝など
数々の最多記録を打ち立てた大横綱が、約20年の力士生活に別れを告げる。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/f0ca3a35be5c9c032464a31e88f17ab594ed0999

色々あったけど強かったのは間違いない。

白鵬を非難する人がいるけど本当に非難されるべきは白鵬に勝てない

日本人力士といえるでしょうね。

若貴以降に数年の間横綱を務めたのはモンゴル人だけでした。

情けない日本人力士の代わりに良くも悪くも相撲を盛り上げてくれた白鵬には感謝するべきだと思います。

白鵬の現役引退についてのネットの声は?

白鵬が現役引退の本当の理由は?

白鵬さんは2021年の3月の春場所は、再び右ひざのけがで3日目から途中休場して場所中に手術を受けました。

7月の名古屋場所に進退をかける意向を示しリハビリとともに

土俵上での稽古を再開したうえで、6場所連続休場から復帰しました。

その名古屋場所では、初日から連勝を重ねて史上最多を更新する

45回目の優勝を全勝で果たしましたが、その膝がついに限界になったことが理由のようですが、

本当のところは、史上最多更新の優勝で、

白鳳自身の現役としての目標を実現したからではないでしょうか!

スポンサーリンク

白鵬の引退後は?

白鵬さんは、2019年9月3日に日本国籍を取得していますので、

相撲協会は現役時代に著しい功績を残せば、引退後に現役名のまま親方になれる

「一代年寄」を授与する例があり、過去に大鵬や北の湖、貴乃花がいるので、

その方向性が高いと思われます。

しかし白鵬さんの現役引退後については、引退が決まったばかりなので

現在のところどうなるのかはわかっていません。

わかり次第追記したいと思います。

白鵬が現役を引退!引退の本当の理由と今後は?まとめ

今回は、白鵬さんが現役を引退することや引退の本当の理由と今後についてまとめてみました。

意外な結末でびっくりですね。

先場所全勝優勝で今場所膝を休めることになってしまったので

てっきり彼に追い風が吹いているように見えました。

これからも大関以下の力士にしぶとく立ちはだかり続けるだろうなと思っていましたが、

引退することになり今までいろいろありましたが、20年間お疲れさまでした。

 

スポンサーリンク