平野歩夢の生い立ちや経歴が凄い!美人過ぎる母親や家族構成は?

スノーボードW杯ハーフパイプ最終第3戦で平野歩夢がW杯2連勝で

初の総合Vとなり、話題になっています。

北京オリンピックの金メダルに向かって順調に調整していているようで

大いに期待したいと思います。

そんな平野歩夢選手ですが、プライベートについてはあまりよく知られていないようですね。

それで今回は、気になる平野歩夢選手の生い立ち経歴が凄いことや

美人過ぎる母親家族構成についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

平野歩夢がW杯2連勝で初の総合V

スノーボードW杯ハーフパイプ最終第3戦(2022年1月15日 スイス・ラークス)
男子は12人で争う決勝が行われ、五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(TOKIOインカラミ)が
93・25点をマークし2連勝で今季2勝目、通算5勝目を挙げた。
スケートボードで昨夏の東京五輪に出場した平野歩は、
今季のW杯種目別で自身初の総合優勝も果たし、2月4日開幕の北京五輪へこの上ない弾みをつけた。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/5d57d636d362dd932081104d8dbed38118b75d1

平野歩夢選手は少し前4位とかだったけど、

今年に入って優勝続きで照準合わせてき順調のようで何よりですね。

可愛い印象だった平野歩夢選手がすっかり凛々しい青年に成長してビックリしました。

オリンピックでは今度こそ金メダル奪取してほしいですね!

平野歩夢の経歴が凄い!

平野歩夢のプロフィール

名前    平野 歩夢(ひらの あゆむ)

生年月日   1998年11月29日(23歳)

出身    新潟県の旗新潟県村上市

種目     スノーボード・ハーフパイプ
 
所属     日本大学

身長     165cm

体重     50kg

デビュー  2013年

平野歩夢選手は、日本のスノーボーダー(専門はハーフパイプ)、スケートボーダーです。

平野歩夢選手がスノーボードを始めたきっかけは、スケートパークを運営する父の平野英功のもとに生まれ、

4歳の時に3歳上の兄の影響でスケートボードとスノーボードを始めました。

福島県南会津町の会津高原南郷スキー場や山形県小国町の横根スキー場で

ドロップインからラインどりの練習を行った。

その後小学4年時にスノーボードメーカー、バートンと契約し

2011年と2012年の全米オープンのジュニアジャムで連覇を果たしました。

2014年ソチオリンピックと2018年平昌オリンピック2大会連続惜しくも

ショーン・ホワイト選手に敗れて銀メダリストでした。

2020年東京オリンピックスケートボード日本代表。

2018年現在、冬季オリンピックにおける日本代表選手としての

最年少メダル獲得記録保持者でもあります。

平野歩夢選手の主な戦歴はこちら↓

〇2011年   USジュニアオープン ハーフパイプ(金メダル) 

〇2012年   ハイファイブス!ハーフパイプ (金メダル)

〇2013年   ヨーロピアンオープン ハーフパイプ (金メダル)

〇2013年   USオープン ハーフパイプ (銀メダル)

〇2013-2014年 カルドーナ大会 ハーフパイプ (金メダル)

〇2013年    X GAMES ASPEN スーパーパイプ (銀メダル)

〇2014年   ソチ 男子ハーフパイプ (銀メダル)

〇2015年   ヨーロピアンオープン ハーフパイプ (銀メダル)

〇2015年   USオープン ハーフパイプ (銅メダル)

〇2016年   X GAMES OSLO スーパーパイプ (金メダル)

〇2018年   平昌 男子ハーフパイプ (銀メダル)

〇2018年   X Games ASPEN スーパーパイプ (金メダル)

〇2018年    USオープン ハーフパイプ (金メダル)

スノーボードと言えばスポンサーが気になりますが、

平野選手は小学校4年生のころにはなんと

既にスポンサーがついていたほどのすごい選手ですが、

その他のスポンサーはこちら↓

〇ユニクロ

〇木下グループ

〇NIKE

〇Monster Energy

〇OAKLEY

〇FALKEN TYRES

〇ビーツ・エレクトロニクス社

〇BURTON

〇TOKIOインカラミ

以上の8社で、しかも大手企業で、それだけ才能と将来性に

期待されている証拠と言えるでしょうね!

スポンサーリンク

平野歩夢の美人過ぎる母親や家族構成は?

平野選手の家族は5人家族です。

父 平野英功(ひらの ひでのり)

母 平野富美子(ひらの とみこ)

兄 平野英樹(ひらの えいじゅ)

弟 平野海祝(ひらの かいしゅう)

 

平野歩夢選手のお父さんの英功さんは、スケボー会では結構有名で、

地元新潟県村上市で「日本海スケートパーク」を経営しています。

その他にも「日本スケートボーディング連盟」の副代表理事を務めているようですね。

英功さんは元々準公務員という安定した職業についていましたが、

趣味のサーフィンでプロになりたいという想いから22歳のときに公務員を退職され、

自らサーフショップを経営しながら毎日のようにサーフィンに打ち込んでいました。

その後、子供ができてサーフショップをやめ現在の生活へ転身したそうです。

そして、お母さんの富美子さんは、2022年1月現在48歳でとても美人ですね!

平野選手の名前は、は母親の富美子さんがつけたそうで、夢に向かって

一歩一歩、歩んでいったほしいという意味を込めて名付けたそうです。

その名前通り、世界で活躍しプロ選手になれたのも着実に

一歩一歩成長してこれたからなのかもしれませんね!

兄の英樹さんは、平野選手がスケボーを始めたキッカケを作った方で、

同じくスノーボード選手です。

2011年には「US OPEN」で7位の成績を残すなど、平野選手同様とても強い選手と言えるでしょう。

2020年のオリンピック種目にスケートボードが新種目として組み込まれたこともあり、

スケートボードでオリンピックに出場することが新たな夢のようですね。

兄弟揃って同じ舞台で活躍する姿が見れるのも近いのではないでしょうか。

そして、弟の海祝さんは、第3回冬季ユースオリンピックのスノーボードハーフパイプ男子決勝で

銀メダル獲得した実力の持ち主なのです。

3人兄弟揃ってプロ選手とは本当にすごいですね!

3人ともお互いにライバル意思を持ち切磋琢磨しているようで、今後の活躍が楽しみですね。

平野歩夢の生い立ちや経歴が凄い!!美人過ぎる母親や家族構成は!まとめ

今回は、気になる平野歩夢選手の生い立ちや経歴が凄いことや

美人過ぎる母親や家族構成についてまとめてみました。

平野歩夢選手は、今後のスノボー界を牽引していく選手になっていくこと間違いなでしょう!

これからどんな成績を残してくれるのかとても楽しみですね!

スポンサーリンク