本田圭佑の現在は引退した?所属チームや年収推移は?

サッカー元日本代表の本田圭佑選手ですが、

2022年11月から行われているサッカーW杯カタール大会で、

「ABEMA FIFAワールドカップゼネラルマネージャー」として

初の解説者を務めて話題になっています。

そんな本田圭佑選手は、現在はどこのチームに所属されているのか、

年収はどれくらいなのか気になりますよね。

そこで今回は、本田圭佑選手の現在は引退したのかや

属チーム年収推移についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

本田圭佑の現在の所属チームは?

サッカーW杯カタール大会が盛り上がっている中で、

本田圭佑選手が解説者として注目をされているようですね。

そんな本田圭佑選手の現在の所属チームはどこなのでしょうか?

調べたところ、2022年現在は選手としてはどのチームにも所属されていないことがわかりました。

2021年シーズン終了後までリトアニア1部リーグのチーム「スードゥヴァ」でプレーしていて、

退団以降所属チームは決まっていないそうです。

それでも本田圭佑選手は2022年4月9日のご自身のTwitterやouTubeチャンネルで、現役続行に意欲を示しています。

今膝の状態があまり良くなくて治療に時間をかけようと思っているので、

今年中はプレーしないと、明かされていたこともわかりました。

どうやら、2022年現在はチームに所属してサッカー選手として活動はされていないようですが、

引退したわけではないようですね。

ちなみに、本田圭佑選手は2018年8月からカンボジア代表GM・監督に就任されています。

今はカンボジア(代表監督の仕事)に集中しているようですが、

サッカー選手としての本田圭佑選手の2022年現在の所属チームはないことがわかりました。

本田圭佑の現在の年収は?

2022年現在は、サッカー選手としてチームに所属されていないことがわかった本田圭佑選手。

ですので、本田圭佑選手の現在の年収はサッカー選手以外の年収となります。

ちなみに、これまでの本田圭佑選手の年収をまとめてみます。

2005年 450万円

2006年 1000万円

2007年 1800万円

2008年 6500万円

2009年 6500万円

2010年 3億円

2011年 3億円

2012年 3億円

2013年 3億円

2014年 7億7000万円

2015年 7億7000万円

2016年 7億7000万円

2017年 4億5000万円

2018年 3億2000万円

2019年 不明

2020年 1億6000万円

2021年 600万円

本田圭佑選手がチームに所属されていた「スードゥヴァ」時代の年収は

公表されてはいないようでわかっていません。

これまでの本田圭佑選手の一番高い時の年収は、ACミラン時代の7億7000万円になるようです。

さらに、本田圭佑選手は、ミズノやペプシや東京西川などの大手企業がスポンサーについているようなので、

スポンサー料も収入源となっていて、サッカー選手以外にも複数の会社経営に携わっているので、

本田圭佑選手の2022年現在の年収は5億円伝後だと言われているようですね。

本田圭佑は現在引退して社長になった!?

本田圭佑選手は、2022年現在どこのチームに所属されていませんので、

引退して社長になったという噂もあるようですが、本田圭佑選手は引退はされていません。

ですが、本田圭佑選手はサッカー選手以外にも

NowDo株式会社

SOLTILO株式会社

Next Connect株式会社

などの複数の会社経営者として活躍されているようですね。

本田圭佑戦選手は、NowDo株式会社では代表取締役を務めていて、

SOLTILO株式会社はサッカースクールやスポーツ施設を運営しており、

Next Connect株式会社はアスリートのセカンドキャリアエージェント事業を行っているようです。

本田圭佑選手は、サッカー選手だけにとどまらずビジネスの世界でも成功されているのですね。

スポンサーリンク

本田圭佑のプロフィール

名前    本田圭佑(ほんだけいすけ)

生年月日  1986年6月13日生まれ(2022年12月現在35歳)

出身地   大阪府摂津市

血液型   AB型

身長    182cm

体重    79kg

利き足   左足

ポジション MF・FW

本田圭佑の経歴

名古屋グランパスエイト(2005年)

VVVフェンロ(2008年)

CSKAモスクワ(2010年)

ACミラン(2013年)

パチューカ(2017年)

メルボルン・ビクトリー(2018年)

フィテッセ・アーネム(2019年)

ボタフォゴ(2020年1月31日)

ポルティモネンセ(2021年2月4日)

ネフチ・バクー(2021年3月15日)

本田圭佑選手は、星稜高校(石川県)卒業後に19歳でプロ入りしています。

また、日本代表には、2002年(16歳)から「U-17」に選ばれており、

2005年には「U-20」、2005~2008年には「U-21/22/23」を経て、

最終的には、23歳の時に日本代表に選ばれました。

気になる本田圭佑選手の現在は、体格や顔はそれほど変わっていませんが、髪が伸び茶髪に染めていて、

以前の雰囲気からおしゃれで落ち着いた雰囲気になっていますね。

本田圭佑選手は、日本代表時代には、日本人初となるW杯3大会連続ゴールを決め

日本人のW杯最年長得点者やアジア人のW杯最多得点者となり、

アジア人初となるW杯3大会連続アシストも達成した凄い選手なのです。

そんな輝かしい成績を残してきた本田圭佑選手ですが、

もしかしたら近い将来現役を引退するかもしれませんね。

本田圭佑の現在は引退した?所属チームや年収推移は?まとめ

今回は、本田圭佑選手の現在は引退したのかや

所属チームや年収推移についてまとめてみました。

本田圭佑選手の現在の年収推移は、平均すると4~6億円程度だと言われているようです。

そんな本田圭佑選手は、2022年現在はチームに所属していないようで、

カンボジア代表GM・監督に専念している事がわかりました。

ただ、本田圭佑選手は引退してはいないようですね。

また、本田圭佑選手は代表取締役を務めるNowDo株式会社などの複数の会社経営に携わっていて、

社長として活躍されていることもわかりました。

引退という概念はないという本田圭佑選手なので、

今後またサッカー選手として活躍される姿を見れるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク