井上尚弥はなぜ強い?歴代最強の世界的評価とランキングの理由は?

プロボクシングWBAスーパー、WBC、IBF世界バンタム級王者の井上尚弥選手が、

全階級を通じて現役最強王者をランキングする

パウンド・フォー・パウンド(PFP)の1位に選出され話題になっています。

今回は、そんな井上尚弥選手はなぜ強いのかや

歴代最強の世界的評価とランキングの理由についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

井上尚弥が現役最強王者1位に選出!

創刊100年の歴史を誇る、米国の老舗ボクシング専門紙「ザ・リング」が発表した。
世界的に最も権威のある日本人が1位になったのは史上初めて。
7日にさいたまスーパーアリーナで行われた、
5階級制覇王者のWBC王者ノニト・ドネア(39=フィリピン)との統一戦に
2回TKO勝ちした実績が評価され、3位から頂点に立った。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/1c7b1b63e557b562eaa30ca58609b5eb75ccf011

凄すぎる、まさか日本人がリング紙のPFPで1位を取る日が来るなんて

確かにドネア戦はインパクトのある圧勝だったが、こんなに早く認めれるとは!

PFP1位を維持していくにはビックマッチをし続けて勝ち続けなければならないけれど、

それにしても過去にそうそうたる面々がいるし、この1位は凄いとしか言いようがないですね。

井上尚弥が現役最強王者になったことについてのネットの声は?

スポンサーリンク

井上尚弥の歴代最強のランキングの理由は?

TOKYO, JAPAN – DECEMBER 30: Omar Andres Narvaez of Argentina (R) and Naoya Inoue of Japan (L) exchange punches during the WBO World Super Flyweight Title bout between Omar Andres Narvaez of Argentina and Naoya Inoue of Japan at Tokyo Metropolitan Gymnasium on December 30, 2014 in Tokyo, Japan. (Photo by Atsushi Tomura/Getty Images)

井上尚弥選手は、アメリカのボクシングメディアで歴代日本人王者の中でも最高のランキングに格付けされました。

PFP(パウンド・フォー・パウンド)というのは、重量の階級に関わらず、

現役のプロボクサーの世界最強を決めるランキングです。

井上が格付けされたのは2つのPFPで、ボクシングシーン.comという、

アメリカのボクシング専門のウェブメディアのPFPランキングで1位、

同じくアメリカのボクシング月間専門雑誌のPFPランキングで3位にランクインしました。

〇世界王者3人をたった5分でKO

〇完璧な防御力

〇ダウンなしでプロ無敗でありながら18戦目まで流血皆無。

〇体幹と下半身を使った完璧な防御力の高さ。

〇攻撃力の高さと軽量級で異例のKO率8割。

〇速く正確な距離把握能力とピンポイントの攻撃力。

〇左右両刀使いと左でのKO力の高さ。

これらの総合的な能力がずば抜けていることが、歴代最強のランキングの理由と言えるでしょうね!

井上尚弥はなぜ強い?歴代最強の世界的評価とランキングの理由は?まとめ

今回は、プロボクシングの井上尚弥選手はなぜ強いのかや

歴代最強の世界的評価とランキングの理由についてまとめてみました。

世界最強の評価を受けた井上尚弥選手のこれからの活躍を期待したいと思います。

スポンサーリンク