桂二葉の師匠は桂米二?学歴や経歴が凄かった?

桂二葉さんがNHK新人落語大賞で、見事大賞を受賞しました!

107人の出場した落語家のトップとなり今回大賞を受賞したのですが、

なんと女性が受賞するのは初の快挙という事で話題になっています。

審査員からも満点の評価だったということで

今後も多いに注目される落語家さんになりそうですよね。

それで今回は、そんな桂二葉さんの師匠は桂米二さんなのかや

学歴や経歴が凄かったのかについてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

桂二葉がNHK新人落語大賞で涙の女性初V!

「令和3年度NHK新人落語大賞」がこのほど、大阪市のNHK大阪ホールで開催され、
桂二葉(35)が女性で初めて優勝した。9月に東京・大阪で行われた
予選を突破した6人による争いを「天狗刺し」の熱演で制した。
桂文珍、柳家権太楼、片岡鶴太郎ら審査員5人全員が10点満点とした完全Vだった。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/122888a5bad0bfbcac746e84cdd25fff2e2c44f1

女性だから、男性だからとではなくて、いい噺家だから評価されるのであって

それがたまたま今年は女性だったということですね。

能力があれば性別や経験に関わらず、等しく評価されるのが大切なことでしょうね。

桂二葉が新人落語大賞で女性で初Vしたことについてのネットの声は?

桂二葉の師匠は桂米二?

桂二葉さんをネットで検索すると、師匠について「鶴瓶」というキーワードが出てきますが、

桂二葉さんの師匠は笑福亭鶴瓶さんではなく、桂米二(かつらよねじ)さんです。

大学生の頃に笑福亭鶴瓶さんのファンで落語会に通っていた桂二葉さんは、

それがきっかけで落語の世界に惹かれて落語会へ進んだそうですね。

今回の新人落語大賞をきっかけに、女性落語家の新しい道を切り開いてほしいですね。

桂二葉の経歴は?

桂二葉のプロフィール

芸名     桂二葉(かつらによう)

本名     西井史(にしいふみ)

生年月日   1986年 8月2日(2021年現在35歳)

出身地    大阪府大阪市東住吉区

身長    166㎝

血液型    O型

趣味     お絵かき・おさんぽ・くだものについてるシール集め。

特技     チラシの挟み込み・散髪

入門年月日 2011年 (平成23年) 3月9日「桂米二」

お笑い芸人のケンドーコバヤシさんと同じ出身地で、

小中学校は後輩だったみたいです。

中学校の1年間だけバレーボール部に所属されています。

自身のトレードマークは、マッシュルームカットと甲高い声とされています。

桂二葉さんの経歴は、2011年9月6日に梅田太融寺にて「道具屋」で初舞台を踏み、

第4回上方落語若手噺家グランプリ 決勝進出

第5回上方落語若手噺家グランプリ 決勝進出

令和2年度NHK新人落語大賞 決勝進出

などの実績があります。

NHK新人落語大賞には昨年も出場していますが審査員からは厳しい指摘をもらっていましたが、

その時の悔しかった思いが今回の大賞受賞で報われたということなのでしょうね!

スポンサーリンク

桂二葉の学歴は?

桂二葉の学歴(出身高校大学)は以下の通りです。

出身高校   樟蔭東高等学校

出身大学   京都橘大学文学部

樟蔭東高等学校は旧名で、現在は「アナン学園高校」と学校名が変わっています。

桂二葉さんのWikiには東大阪の名門女子校と書かれていたので

偏差値がものすごい高い訳ではなく他の分野で有名な高校のようですね。

大学卒業後は一度スーパーマーケットの正社員に就職したようですが、

正社員を辞めて桂米二さんに弟子入りしたようです。

桂二葉の師匠は桂米二?学歴や経歴が凄かった?まとめ

今回は、そんな桂二葉さんの師匠は桂米二さんなのかや

学歴や経歴が凄かったのかについてまとめてみました。

桂二葉さんの出身高校は樟蔭東高等学校で

大学は京都橘大学ということがわかりました。

そして桂二葉さんの師匠は桂米二さんで、2011年(平成23年)

3月9日に弟子入りしたということです。

審査員全員が満点の「大賞」で、これからの活躍が凄く楽しみですね!

 

スポンサーリンク