宮迫博之の現在の年収が凄い?10億の噂やその真相が衝撃的だった?

お笑いタレントの宮迫博之さんが2021年8月17日に雨上がり決死隊を

コンビ32年の活動から解散して話題を呼んでいます。

蛍原徹さんとのコンビが、テレビに出る事は無いと思うと寂しいです。

その解散理由の一つが、宮迫博之さんのYouTube活動という事でした。

なんと宮迫博之さんのYouTube収入が億超えという噂なので、

宮迫博之さんは解散しても痛くもないのかもしれませんよね。

それで今回は、そんな宮迫博之さんの現在の年収が凄いことや

10億の噂やその真相についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

宮迫博之の現在の年収が凄い?

お笑いタレントの宮迫博之さんのYouTubeの現在(2021年9月)の登録者数は143万人で、

現在は500本近い動画を投稿しています。

おそらく解散報道がでてさらに注目が集まっているので、

登録者数はさらに増えていっているようですね。

お笑い芸人が始めたYouTubeとしては、カジサックさんや

オリラジのあっちゃんや江頭さんに次ぐ成功事例になりますよね。

登録者数100万人超えはチャンネル数の上位1%に入るそうで、

宮迫博之さんもトップユーチューバーの一人として数えられます。

宮迫博之さんのユーチューブチャンネルの収入については、

宮迫博之さんの広告単価が分かりませんが、1再生当たり0.3円として試算して

再生回数 342,201,705 回

推定総収入 1億200万円

推定月間再生回数 1,400万回

推定月収     約420万円

推定年収     約5,000万円

YouTubeだけの収益だと年収5000万円くらいになっているようですね。

ちなみに宮迫博之さんはこのチャンネル以外にも

裏迫という第2チャンネルを持っておりそちらは2021年時点で登録者数は8万人。

こちらも見てみると、平均月収は18万円前後で、

平均年収は200万円位となっているようですので、

2つのチャンネルを合算してYouTubeからの平均年収は5,000万円を少し超える位となります。

宮迫博之さんにとっては動画を撮るためのスタッフなどを雇っているので、

その方たちの給料を支払うとなると、まるまる自分の手元に残るわけではないと思いますが、

それでも充分な額の年収だと思われます。

それ以外に宮迫博之の収入源には企業案件が、

ありそれがかなりの金額になっているようなのです!

宮迫博之の宮迫博之の現在の年収が10億の噂やその真相は?

宮迫博之さんは現在、YouTubeの広告収入と企業案件で年収が

億を超えていると噂されていて、その真相については、

現在のチャンネル登録者数は140万人で再生数のアベレージも高いですし、

加えて広告案件の動画も多く、

トップユーチューバーのヒカルさんのアパレルブランドも、

宮迫博之さん効果で25億円も売り上げが上がったとヒカルさん自身が語っていて、

ここでも数億円のインセンティブが宮迫博之さんに渡っているといわれています。

そのような周辺情報から考えると、あくまでも推測になりますが、

少なく見積もっても年収10億円は固いのではないでしょうか!

宮迫博之さんのレギュラー番組が最も多かった数年前の全盛期の頃と比べても、

5倍くらいの収入にはなってるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

宮迫博之の今後の方針とは?

8月17日付で雨上がり決死隊を解散し、コンビ32年の活動に幕を下ろした宮迫博之(51)が15日、
自身のYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」を更新し、チャンネルの今後の方針を発表した。
その中で「1つの方針として1番、言いたいのは日本の食を応援します!!」と発表した。
その一方で、マーケティングを行いたい企業と連携した動画企画、
いわゆる「企業案件」についてもやっていくと明言。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/a306d1c80bae5e56cffe2b7cd6cb97ce4eda8384

【ご報告】宮迫ですッ!チャンネルの今後の方針につきましてはこちら↓

宮迫博之さんは今までの合算で、数億から数十億は稼いだんじゃないでしょうか。

一般的な人の生涯稼ぐであろう金額の数倍から数十倍は稼いでいるのだから、

すでに隠居生活できるほどは稼いでいるはずなのでしょうから

もう十分じゃないかと思います。

宮迫博之の現在の年収が凄い?10億の噂やその真相が衝撃的だった?まとめ

今回は、宮迫博之さんの現在の年収が凄いことや10億の噂やその真相についてまとめてみました。

宮迫博之さんの現在の年収は、YouTubeの動画の広告収入からだけで計算すると年収5000万くらいで、

それに企業案件なども入れると軽く10億を超えてくるということがわかりました。

今後どれだけ稼げるのか、今後の活動から目が離せませんね!

 

スポンサーリンク