小川彩佳アナの旦那で医師の豊田剛一郎氏が不倫したことで、

小川彩佳アナがマンションを出て実家に戻ったそうです。

ご両親もお怒りのようで、結婚してから出産するまでの間も裏切り続けていた事で、

その怒りは相当のようであります。

それで今回は、小川彩佳アナが別居から離婚へや

旦那はアスペルガー症候群だったのかについてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

小川彩佳が別居から離婚へ?

4日発売の「週刊文春」が夫で医療ベンチャー「メドレー」の豊田剛一郎氏(36)と安達祐実似の美女Aさんの〝3年不倫〟をスクープ。豊田氏はそれまで同社の代表取締役だったが、責任を取り辞任。総額16億円相当のストックオプションも放棄した。ここまでが第一幕。すると、今度はAさんが6日、「NEWSポストセブン」で不倫報道の裏側を暴露。早々と第二幕の幕が切って落とされた。同サイトのインタビューに応じたAさんは「あまりに多くの人々を傷つけてしまった」と涙ながらに謝罪。その一方で豊田氏に別れを切り出したところ「嫌だ」と言われたことや、お忍びで訪れた沖縄での〝甘い夜〟、豊田氏と小川アナが結婚したあとも肉体関係が続いていたことを明かした。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/d013cb3cb337d31bec47ba9228d901323fa9fac2

Aさんは確信犯かもしれません。

まるで被害者の様に装っているけれど、暴露した時点でリベンジ満々のようでした。

本当に豊田氏を愛しているなら自分のプライドにかけて週刊誌に「売る」なんてことは出来ないでしょう。

妻子ある人を愛してしまう事もあるでしょうが、

そうであるなら尚更その思いを墓場まで持っていくべきだっのではないでしょうか。

ただ一番悪いのはハイスペック妻と都合の良い女の両方が欲しい豊田氏でしょうね。

小川彩佳が別居したことについてのネットの声は?

小川彩佳の旦那ははアスペルガー症候群だった?

小川彩佳アナも旦那の豊田剛一郎さんを検索するとアスペルガー症候群とでてきました。

アスペルガー症候群の人の離婚率は高いというデータがあるようですね。

アスペルガー症候群の特徴は、

空気を読むことが出来きなくて相手を傷つけたり

話が合わずコミュニケーションがうまく取れないず、

相手にあわせることができないという発達障害の症状のことを言うらしいです。

夫婦生活を送る上で、すれ違いや違和感が積み重なり離婚に発展するケースが多いそうです。

しかし、豊田剛一郎さんはそのような症状は見られないようですので、

今回不倫したことで、離婚するかもしれないと言うことで、検索されてのでしょうね。

スポンサーリンク

小川彩佳が離婚の確率が高い理由は?

まず第一に小川彩佳アナがまじめな性格であるというところにあります。

小川彩佳アナは、お嬢様だったこともあり曲がったことが大嫌いで、

しかも頭がよう完璧主義なところがあるので、不倫が許せるはずがありません。

次に言えることは、小川彩佳アナのご両親が激怒していることです。

小川彩佳アナの父親と同じ医者でしかもコロナ禍であって、

仕事や出産で娘が大変な時期に、不倫するなんて、

とても信じられなったのでしょうね。激怒するのも当たり前ですね。

そして最後にすでに小川彩佳アナは子供と一緒にタワーマンションを出て実家に戻っている

との情報がありました。

これで決定的になったと言えるでしょうね。

おそらく今後について、弁護士を通しての話し合いになるのではないでしょうか。

小川彩佳が別居から離婚へ?旦那ははアスペルガー症候群だった?まとめ

今回は、小川彩佳アナが別居から離婚?や旦那ははアスペルガー症候群だったについて

まとめてみました。

真面目な小川彩佳アナの性格上、豊田剛一郎氏の不倫を許すことはなく、

離婚を選択する可能性が高いと言えそうですね。

もし結果的に離婚されたとしても小川彩佳アナには、

お子さんとともに幸せな人生を歩んでいってほしいと思います。

スポンサーリンク