高橋成美が性的少数者だった!カミングアウトした理由とLGBTに分類されないQとは?

フィギュアスケートのペアで活躍し、2014年ソチ五輪に出場した高橋成美さんが、

性的マイノリティー(少数者)であることを告白したことが話題になっています!

それで今回は、そんな高橋成美さんが性的少数者だったことや

カミングアウトした理由LGBTに分類されないQについてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

高橋成美が性的少数者をカミングアウト!

LGBTQなどの性的少数者とスポーツに関する情報発信をしている
「プライドハウス東京」のトークイベントで明かした。
高橋さんは「自分はLGBTに分類されないQだと思う」と語った。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/c902fe537afa390865aef6e0d7b8b1fabbd64e6f

LGBTQに限らずHSPとかもそうだけど、その存在を知って自分が楽になって

生きやすくなるなら良いけど、無理に当てはめて惑わされて

逆に悩み込んで苦しんでる人が増えないといいですね。

高橋成美が性的少数者をカミングアウトしたことについてのネットの声は?

高橋成美がカミングアウトした理由とは?

高橋成美さんがカミングアウトした理由についてですが、

現在のところその理由については、本人自身からの説明がなくて

わかっていませんので、詳細がわかり次第追記したいと思います。

スポンサーリンク

高橋成美がカミングアウトしたLGBTに分類されないQとは?

LGBTに分類されないQとは、LGBTQの「Q」にあたり(Questioning)クエスチョニングと言います。

『クエスチョニング』とは「自身の性や性的指向が定まっていない人」、「自分の性をあえて決めていない人」または

「まだ自身の性を決めかねている人」を意味します。

クエスチョニングは、英語のQuestion(疑問、疑い)という言葉が由来で、

「自分の性別に迷っている」「自分の性別はもしかしたら男でも女でもないのかもしれない」

「自分はもしかしたら同性も恋愛対象なのかもしれない」という場合当てはまることがあるようなのです。

高橋成美が性的少数者だった!カミングアウトした理由とLGBTに分類されないQとは?まとめ

今回は、高橋成美さんが性的少数者だったことや

カミングアウトした理由とLGBTに分類されないQについてまとめてみました。

近年はすごい話題になることも多いし、もはや少数派でもなんでもない気がします。

法律や制度はまだ難しいかもしれないけど、良い意味でも悪い意味でも

人間的には受け入れざるを得ない社会にはなってきているのでしょうね。

スポンサーリンク