「ミス・ワールド2020世界大会」日本代表の最終選考会で、

日本代表に選ばれた金谷鞠杏ですが、

金谷鞠杏さんは、「Rの法則」にも出演しているタレントさんでした。

そんな金谷鞠杏さんですが、元TOKIOの山口達也の相手ではなかったのかとの

噂が浮上しているようなんです!本当のところはどうなのでしょうか?

それで、今回は、そんな「ミスワールド」日本代表の金谷鞠杏がヤバイ?や

金谷鞠杏が山口達也の被害者だったのかについてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

「ミスワールド」日本代表の金谷鞠杏がヤバイ?

ミスコンテスト「ミス・ワールド2020世界大会」日本代表の最終選考会が24日、東京都内で行われ、

秋田県出身でダンス&ボーカルグループ「GENIC」のメンバーとして活動する金谷鞠杏が代表に選ばれた。

8788人の応募の中から日本代表に選ばれた金谷は「ステキな賞をいただき光栄です。

応援される日本代表になれるように精進していきます。

日本代表として日本の良さや改善点、問題点も音楽活動を通して発信していきたい」と

満面の笑みであいさつした。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/e130f591afbe0943ac1d710b6a921a38ac88fa3f

「ミス・ワールド2020」日本代表に決定した金谷鞠杏の動画はこちら↓

日本代表になったらどのような活動をしていなど、外見だけでなく、

中身も評価されたと思いますね。

グランプリのは金谷鞠杏さんはもちろんのこと、ファイナリストに選ばれた約30名の女性は、

色んなトレーニングで磨きをかけていたようですね、純粋に祝福してあげたいと思います。

「ミスワールド」日本代表の金谷鞠杏についてのネットの声は?

「ミスワールド」日本代表の金谷鞠杏が山口達也の被害者だった?

金谷鞠杏さんですが、山口達也の被害者ではないかとの噂が浮上しているようなのです。

金谷鞠杏さんがジャニーズ所属で「TOKIO」のメンバーだった

山口達也さんが起こした強制わいせつ行為で書類送検された事件の

被害者が金谷鞠杏さんではないかと調べてみると、

被害者女性の特徴と金谷鞠杏さんの特徴とが一致していたことから、

被害者と特定されたとの噂があったようなのです。

そもそも、当時報道された山口達也さんが強制わいせつ行為を行った相手と言うのが

NHKの「Rの法則」という番組で知り合った16歳の女子高校生の未成年に

お酒を飲ませキスしたというのが各メディアで報じられた内容でした。

そして、『Rの法則』に出演していて16歳の女子高校生との特徴に合う出演者は

赤沼葵さんと石郷朱莉さん、そして金谷鞠杏さんの3人に絞られるようです。

ただ、金谷鞠杏さんは事件があった2018年2月から特に何の変りもなくSNSを更新している事や、

赤沼葵さんがインスタで自身が被害者でないとコメントした際に

当初は被害者が16歳であると誤報されていて現在は17歳と修正していて、

そうなると16歳である金谷鞠杏さんも被害者と思われる1人から外れるという事ですね。

という事で、金谷鞠杏さんが山口達也容疑者の被害者と言う可能性は低いでしょうね。

当時レギュラーとして出演していた「Rの法則」が、

この事件で放送が終わってしまったのである意味では被害者ということになりますね。

スポンサーリンク

金谷鞠杏のプロフィールは?

名前     金谷鞠杏(かねやまりあ)

生年月日   2001年12月31日

出身地    秋田県大館市

所属事務所  avex

2015年6月24日から活動している秋田県大師市のご当地アイドルグループの

「まちあわせハチ公ガールズ」のメンバーでしたが、

2016年9月22日をもって卒業しています。

2016年10月2日には、7人のダンスボーカルユニット

「クエスティー」のメンバーとして活動し2017年7月25日に卒業します。

そして10代の若者の気になる話題をリサーチしランキングしていく

あの話題のNHKのEテレ「Rの法則」に出演していました。

avexからデビューするときのGENICの動画はこちら↓

所属するGENICは5月にデビューした男女7人組で、

メンバーも応援してくれていたそうで「いいご報告ができてうれしい!」とのコメントでした。

「ミスワールド」日本代表の金谷鞠杏が山口達也の被害者だった?まとめ

今回は、「ミスワールド」日本代表の金谷鞠杏さんがヤバイ?金谷鞠杏が山口達也の被害者だった?

についてまとめてみました。

金谷鞠杏さんが山口達也さんの強制わいせつ行為の被害者ではないことは間違いなさそうですね。

とても18歳には見えないぐらい大人っぽくて綺麗な金谷鞠杏さんですが、

「ミスワールド」日本代表として世界大会での活躍も期待したいと思います。

スポンサーリンク