八代亜紀の元夫の増田登は不倫してた?【顔画像】離婚原因のMとは誰?

歌手の八代亜紀さんが増田登さんと熟年離婚していましたが

その理由を浜村淳さんがラジオで話たということで話題になっています。

浜村淳さんのコメントによると、八代亜紀さんと増田登さんの離婚は

同じ事務所のMさんとの不倫が要因だとの事でした。

それで今回は、八代亜紀さんの元夫の増田登は不倫してたのかや

【顔画像】離婚原因のMとは誰なのかについてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

八代亜紀の元夫の増田登は不倫してた?

結婚後、増田氏は歌手を引退し、八代の個人事務所の代表取締役に就任。
長年、彼女の芸能活動を支えてきたが、離婚と同時に辞任している。
残り少ない人生を自由に生きたい、と選んだ「双方納得の」熟年離婚のように見えるが、
八代と旧知の仲である浜村はこれを真っ向から否定したわけだ。
浜村の言う女性歌手とはいったい誰なのか。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/5ef20a83e832821295ff8e7de071e8a40af03112

熟年離婚という事でしたが、八代亜紀さんは、なんて心の広い人なんでしょうね。

傷つかないはずはないでしょうが、怒ったとして元にも戻らないと考えて

流れに逆らわず、全てを受け入れた様に見えますね。

八代亜紀の夫と後輩歌手の不倫についてのネットの声は?

○浜村さんは直接八代さんから聞いて相当怒ったんだろうな。
八代さんがいえないから代理で言ったように思うけど。

○離婚出た時に男側が浮気だろうとはあったし。
離婚までしたのは相手の女に子供が出来たのかな?と思った。
浮気くらい何度もあったよような気がするし、そこそこで夫婦続けて行けただろうけど、
離婚までしたのはそういうことでしょ。

○八代亜紀さんに可愛いがられてたシンガーソングライターMって、
一人しか思い浮かばないけどホントなら悲しすぎる
本人も凄く可愛がって貰ってるって言ってたし、
歌や声も好きで久しぶりに好きになった歌手だったのに

○八代亜紀さん、大丈夫です、八代さんレベルであれば履いて捨てるほど男性はいます、
新たなステージには希望しかありません!!くだらない男は人に差し上げましょう!!
私は芸術そして歌手でご活躍している姿が大好きです。応援しています!

○私は、八代亜紀さんの大人の対応を知りました
このことを知ってより八代亜紀さんが好きになりました
「涙声」いい歌ですね、近くで開催されれば
迷わずにコンサートを聴きに行きます。

スポンサーリンク

【顔画像】離婚原因のMとは誰?

八代亜紀さんの元夫の増田登さんの不倫相手の30代のMさんとはいったい誰なのでしょうか。

八代亜紀さんの個人事務所・ミリオン企画に所属する歌手は

八代さん以外に歌手は一人しか所属しておらず、名前はMILLEA(ミレア)さんです。

八代亜紀の後輩歌手MILLEAについては、

MILLEA (ミレア)という名で活動していますが、本名と年齢は不明でした。

12月15日生まれで、札幌出身のようです。

小さい頃から何より歌う事が好きでしたが、学生時代はダンスに夢中で、

歌も好きで歌手に興味もありましたが、ダンスのイベントで共演した歌手の方々を見て、

圧倒されて自分に歌は無理だと考えて、歌手を目指さず、高校卒業後に地元で就職します。

ネイリストとして3年間働きますが、やはり歌手の夢を捨てきれず上京しました。

2015年2月4日「虹色のアーチ」でメジャーデビュー。

2016年4月13日にファーストミニアルバム「星の詩」をリリース。

2017(MILLEA)祈りの動画はこちら↓

現在は4本のラジオレギュラー番組を持ち、歌にラジオパーソナリティーにと活躍中です。

高校卒業後に地元で3年間働き、その後上京してから8年たった2015年にデビューしているため、

高校を卒業してから専門学校に通っていて少なくとも17年位経っていますよね。

現在の年齢は30代後半くらいではないでしょうか。

NEWSポストセブンが増田登さんの不倫疑惑を報じましたが、

本当に不倫をしていたかは明らかになっていません。

浜村さんも複数の音楽関係者から聞いた話ということなので、信憑性については疑問がありますね。

八代亜紀の元夫の増田登は不倫してた?【顔画像】離婚原因のMとは誰?まとめ

今回は、歌手の八代亜紀さんの元夫の増田登は不倫してたのかや

【顔画像】離婚原因のMとは誰なのかについてまとめてみました。

熟年離婚については、何となくはそんな感じはありました。

よほどの事でもなければお互いこの歳で離婚なんてしないでしょうね。

真相のほどはわかりませんが、火のない所に煙は立たぬと言いますので、

否定はできないでしょうね。

 

スポンサーリンク